まったりお悩み解決ノート

周囲に気を遣い過ぎていた私が、自分軸を持って堂々と生きれるようになった話

映画

アンパンマン映画第14作!ロールパンナが主役でまさかの百合映画!?【ロールとローラ うきぐも城のひみつ感想:後編】

こちらの記事は感想の後半になります。前半の感想記事はこちら↓↓

第14作 ロールとローラ うきぐも城のひみつ公開日:2002年7月13日上映時間:50分同時上映:鉄火のマキちゃんと金のかまめしどんあらすじ:ロールとローラが怪しく…仲良...

 

以下ネタバレ注意!!

スポンサーリンク

バイキンマンがうきぐも城を攻めてきた

うきぐも城を占拠してバイキンの雨を降らせようと企むバイキンマンがアンパンマンたちを襲う。

メロンが一緒に戦うよう促すものの拒絶するロール。

 

ここでメロンは、城のまごころ草の花がロールを優しいお姉ちゃんにしてくれたことに気づきます。

そうこうするうちにバイキン草をたくさん集めたバイキンマンが、ロールに向けて発射…

 

ロールの青いハートが反応し、ついにブラックロールパンナになってしまいました。

 

ロールパンナを作る時、ジャムおじさんがまごころ草の花の花粉とプラスしてメロンジュースを入れていました。

 

しかしバイキンマンが、そのパンの種にバイキン草のエキスを入れてしまい、善悪の両方の心を持った彼女が生まれたのです。

 

ロールパンナは、まごころ草の花と同様にバイキン草にも反応してしまうのでした。

普通パン生成時に使われたメロンジュースにも反応するようになっていますが、大量のバイキン草の光線を浴びたロールには全く効かず…

 

お前は妹ではない!とメロンを突き飛ばすロール。おまっ…さっき可愛い妹って言ってただろうがああああ

 

ブラックロールパンナを見ると、いつもバイキンマンはよくも罪深いことをしてくれたなと…

 

まあ善悪の心を持つ彼女が人間っぽくて魅力的だとも言えますが…

 

 

 

あの二人もブラック化

©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV©やなせたかし/アンパンマン製作委員会2002

アンパン「君とは戦いたくない!!」

 

しっかり戦闘したくないことを伝えるアンパン。やはりイケパン。

 

しょくぱんまんとカレーパンマンも登場し、必死にロールを止めようと奮闘するものの、なんと

 

しょくカレー二人ともブラック化してしまいました。

 

アンパンVSブラックロールしょくカレーに…アンパン大ピンチ。

 

バイキンが横槍でアンパンを泥だんごにしてしまい…黒いバイキン雨が降り注ぎ、皆泥だんご化していく。

 

そんな中、アンパンは新しい顔で元に戻り、ロールと一騎打ちに。

それでも戦いたくないという姿勢を貫くアンパン。

 

黒い光線を浴びて苦しむアンパンとロールの間に割って入ったのはメロン。

 

涙ながらにロールにすがりつき、訴えるメロン。

 

©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV©やなせたかし/アンパンマン製作委員会2002

 

メロン「私の心はお姉ちゃんとずっと一緒だもん!」

 

メロンの涙でロールの青い心に亀裂が入り、彼女が苦しみだします。

必死にロールにすがって止めようとするメロン見ててこっちも泣けてきました((

 

 

 

歯車を探すローラとアンパンマン

 

メロンも泥だんごにされてしまい、ロールからもらったハートの歯車だけがバイキン草の巣窟の中へ落ちていく。

 

皆を救い、ロールパンナを元に戻すには、うきぐも城の機械を直してローラの雨を降らせなければならない。

 

機械に合う歯車を探して、ローラとアンパンマンは、ハートの歯車を探してバイキン草の中へ。

 

窮地に陥った二人を、良心が勝ったのか助けるロール。

 

ロール「アンパンマン、リボンで道を作る!ローラを連れていけ!」

 

良い心なのにブラック化しているということは、彼女も心の中で戦っているということですかね…(/_;)

ロールはローラの手を弾き、一人バイキン草の中へ取り込まれてしまったのでした。

 

以下、大きなネタバレ注意!!

 

 

 

 

スポンサーリンク

歯車が合い、ローラの雨が降り注ぐ

 

全て清められていく中、ロールの姿はなかった。

 

悲しみに暮れるメロンとローラの前に一つの雲が…

 

何と雲の中から…

 

©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV©やなせたかし/アンパンマン製作委員会2002

 

ロールパンナが生まれてきました(え)

 

アンパンマンが命の星なら、ロールは命の雲だったり…!?

 

いやでも雲と言うより花かな…きっと城に生えていた、まごころ草の花のおかげかと思います。

雲から生まれたロールという演出はなかなか良かった(麗しかった)

 

 

 

全て元通りに。そして…

ローラは、またどこかの空気が汚れている場所へ行って綺麗にしなければいけないと語ります。

 

そんなローラに自分もついていくと言うロール。メロンショック受けてたよ(´・ω・`)

 

以前はずっと一緒にいようと言ったローラだけど、信じられないといった顔で「え…」と溢してました。

 

ここのシーンはちょっと複雑です。

 

確かにアンパンマンたちから遠く離れれば、バイキンマンとの接触もなく傷つけずに済むでしょうけど、

 

メロンパンナはどうするんだロールパンナ( ゚Д゚)

雨でふやけたしょくカレーが大顔になって場を和ませたのはGJだった…!

出番少な目だったけどしょくカレーこういう笑い取りにいくところは間違いない。

 

©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV©やなせたかし/アンパンマン製作委員会2002

ロール「いつか…きっといつか一緒に暮らせる」

 

この言葉が全てでした。

 

直接メロンに言わないのはロールの優しさと見た…

 

余計な期待を持たせないようにあえて距離を取る。切ない…だがそこが良い(´・ω・`)

©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV©やなせたかし/アンパンマン製作委員会2002

 

アンパン「メロンパンナちゃん!さ、帰ろう」

 

メロン「うん!」

 

ここのアンパンは良いお兄ちゃんしてました。

 

ロールの代わりといったらあれだけど、何かこう、あったかいんだε-(´∀`*)

アンパンマンたちがいるから、メロンもそこまで寂しさを感じずにいられるんだとほっこり。

最後の最後で、ちょっと笑ってしまうオチがあるのでエンディングのラストまできっちり見ることをおすすめします!!

 

まとめ

今作は完全に大人向け要素満載でした。

ロールパンナが主役となるとどうしてもそういう大人な雰囲気になってしまうのか…

ある所では百合映画だなんて言われてることも。確かに前半は百合度高めでしたな。

そう考えるとあまり子供向けではないような気が…( ゚Д゚)

しかし、彼女の普段語られることのない胸の内や、見られることない表情を見れたのは最高でした(`・ω・´)b

 

 

 

【関連記事】

第16作 夢猫の国のニャニイ 公開日:2004年7月17日上映時間:51分同時上映:つきことしらたま~ときめきダンシング~あらすじ:夢猫の国の子猫とメロンパンナの物...
©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV©やなせたかし/アンパンマン製作委員会1999ロールパンナの登場する映画を中心に感想を書いています。大雑把な映画の見どころをず...

スポンサーリンク

-映画

管理人:しろた
人間関係の悩み、自分自身の悩みなどの解決法を探っていきます。購入した物やアニメ・漫画など趣味の話題も綴ります。詳しくはこちら→ABOUT

※ご連絡はお問い合わせフォームよりお願いいたします。