まったりお悩み解決ノート

周囲に気を遣い過ぎていた私が、自分軸を持って堂々と生きれるようになった話

悩み

メールが怖い…見れない!そういう時は下から見よう


突然だけど、人から来るメールが怖くなったことはありませんか?

「メールが怖い?そんなことあるわけない」という方が大半だと思います。

私は怖かったです。今も時々怖くなる(´・ω・`)

しかし私以外にも意外とメールで悩んでいるという方が多い。

今日はメールが怖いという方向けに、ちょっとでも改善するような提案をしてみようと思います。

 

スポンサーリンク

どうして怖くなる?

 

メールが怖くなる理由は、人によってそれぞれ違います。

 

友人に嫌な言葉を書かれた、どんな返事か見るのが怖い、相手に間違った意味で理解されてしまったら、など

 

どんな理由であれ、その先に何が起こるか分からないし、相手が直接見えないので余計に不安に感じてしまう。

 

メールが怖くなるのは大抵この不安要素があるからではないかと。

 

克服するには下から見よう!

 

「返事を見ないと分からないけれど、見たら傷ついてしまうかも」

堂々巡りに考え続けてメールの返信できなかった・・

 

こういうことが続いて癖になってしまうのは避けた方が良いに決まってる。何よりこの先メール返信くらいできなきゃ困るもんね(-_-;)

 

「じゃあどうしたらいいの!」

 

私もこればかりはどうしようもないと思ってました。

しかし、自分なりの克服方法を編み出しました。

 

それは、

 

画面を手で隠しながら、メール本文の下から読む!

 

・・・。

 

「何とんちんかんなことを言ってんだ」と思われた方、ごもっとも。

だけどこれには深い訳があるのです。

 

どうしてこんなことをするかというと、

 

予測不可能な文面がどのくらいのものなのかを推測することができるから。

 

メールは長文なのか短文なのか、最後の文字から推測するとこんな言葉が続いてるんだろうな

 

などなど・・・一番下から少しずつ読むことによって不安が取り除かれていく。

 

もちろん内容によってダメージを受けるかもしれません。

でも文字数や言葉の結びでだいたい推測可能になるのでダメージは最小限に済む。

 

ダメージを与える文章は、最初から読むとどんどん相手の気持ちが押し込まれていって読む方がすっかり疲れてしまうのです。

 

相手は最初から読むだろうと想定しているので、最初の方に力を入れて文章を書くことが多いんですね。

 

メール本文をバンッと見るより、じわじわ見ていく方が心に余裕ができてきます。

 

馬鹿らしいと思われるかもしれないけど、少なくとも私はこの方法が効果的だったのね(´・ω・`)

 

スポンサーリンク

いきなりメールが来たときは

 

突然あまりメールしない人からきたという場合は

 

メール本文だけ隠し、上の差出人からチェックするという風にした方が送られてくる内容は予想がつく。

 

差出人が誰か分からない、ということは少ないだろうけど、そういうメールは見ない、と決めて余計な情報は入れないという対処もできる。

 

 

送って後悔しても気にしない

 

私はメールを送った後に、

 

「送ってしまった・・・( ゚Д゚)」

 

と、少し後悔をします(笑) 5秒くらい。

 

その後は綺麗さっぱり忘れる!

 

もう送ったものは仕方ない。

 

先ほどの方法で返信は見ることにして、後は他のことする。

 

そういう風に対処していき、何回かメールのやりとりをしていくことでこういった後悔やメールが怖いというのもなくなっていきます。

 

まとめ

人は慣れる生き物。

心配せずとも、慣れることで克服することが可能です。

まずはその第一歩のために

・メール本文を隠しながら下から読む

・送っても気にしない

私もまだメールが苦手な時があるので、一緒に克服できるように頑張りましょ(∩´∀`)∩

 

日記メールを送ってくる人への対処法はこちら↓

「このメール…まるで日記だ…」 友人や家族から送られてくるメールが日記のような文面だったことはありませんか? 今日はケーキ屋さんに行って、たくさんケー...

対人恐怖症に関する記事はこちら↓

 「なんだか人が怖い…」そう思ってしまう時、どう改善していったら良いか悩みますよね。避けていても生きていれば必ず人と接する機会があるのにどうしよう…そんな...

スポンサーリンク

-悩み

管理人:しろた
人間関係の悩み、自分自身の悩みなどの解決法を探っていきます。購入した物やアニメ・漫画など趣味の話題も綴ります。詳しくはこちら→ABOUT

※ご連絡はお問い合わせフォームよりお願いいたします。