まったりお悩み解決ノート

周囲に気を遣い過ぎていた私が、自分軸を持って堂々と生きれるようになった話

悩み

人の視線が気になる自分をなんとかしたい!気にする性格でも自分を愛することで気にならなくなる方法とは?

常に人の視線を気にして監視されているような感覚だと辛いですよね(-_-;)

周囲を気にしてしまうのは、自分を愛せていないからかもしれません。

自分を愛すること、自分に注目して愛していくことから始めると、周囲に気をつかい過ぎて疲れることもなくなります。

今日は自分を愛する方法について、個人的に試してみて良さそうだと思った方法をお伝えします。

 

スポンサーリンク

自分を愛せないと苦しい

自分を愛することができていないと、毎日を生きるのが苦しいです。

周囲に過敏に気をつかう人は、自分が愛せていないから周囲が気になって常に監視されているような感覚になります。

 

また、自分が自分を大切にできないため、人からの愛情を求めてしまうことに繋がります。

人から愛情を求めすぎてしまうと、相手から距離を取られる対象になってしまうことも。

 

そして、「こんなに頑張っているのに、どうして周りの人に評価されないのか…」と自分で自分を苦しめるような悪循環に陥ってしまいとてもつらいです。

 

 

 

自分を愛するには?

自分を愛せと言われても、自分が好きではないとますますどうしていいか分からない…

私も自分を絶対に愛せないタイプでした。

絶対自分が自分を認めることはできず、愛せないまま、なぜか息苦しさを感じる毎日。

 

しかし幸いにもあることを実践したことで、その息苦しさは長くは続かなかったのです。

 

そんな私が実践した方法は、小さい目標を達成すること。

 

目標といっても大きいものではなく、日々のちょっとしたこと、例えば

・普段掃除しない場所を掃除する

・物を一つ捨てる

・ストレッチする

・30分歩く

など、本当に日常で達成できそうな小さな目標を掲げて実行します。

小さなことでも、毎日続ければそれはやがて自分の自信へと繋がり、自分を愛せるようになっていきます。

 

私の場合は、ブログで「一日一記事更新する」を目標にやることリストを作って達成していきました。

 

書き終えると、「今日も自分は頑張った!!」と達成感と充実感を強く感じることができて、毎日が楽しくなってきます。

 

ポイントは自分にできることを、できる範囲の目標を掲げる、ということ。

 

そしてできたときは自分を最大限に褒める!

自分を愛する方法に、「そのまま自分を褒める」ことを推奨する本もあります。

しかし私は何もせずに自分をほめることは難しいと思ったので、何か達成してから自分を褒めて認めるようにしています。

 

スポンサーリンク

自分に投資する

もう一つの方法は、自分にお金をかけることです。

 

 

だからといってなんでも高いものを揃えようとする必要はありません。

 

「これだけはちゃんとしたものを買いたい!」

「これだけはどうしても欲しい!」

と感じるものを選んで購入します。

 

ポイントは、自分の心がときめくものを買うようにすることです。

 

自分のこだわりたい部分で、きちんとお金を使うことは自分を愛することに繋がっていきます。

 

 

私事ですが、長い間靴を買い替えず履いていたことがありました。

 

靴って自分の好きなもの且つちゃんとしたものを買おうとするとけっこう高いんですよね(-_-;)

 

だからどうしても後回しになってしまい、何となく外出するのも億劫だったのです。

 

しかし、新しい靴を思い切って購入した後は、休日でも出歩くのが楽しくなりました。

イヤイヤ靴を履くのではなく、「あの靴を履いて今日はどこへ行こう」

ってほとんど本屋か散歩なんですけどね(笑)

 

そんな風に日々が楽しく変わっていったのでした。

 

日常で使うものはもちろん、自分が欲しい!と思ったものにお金をかけることで自分を楽しくすることができます。

 

毎日楽しく過ごすことができれば、自分を愛するということに繋がっていくのでやはり自己投資も必要なんですね。

 

こんな風に、自分で自分に愛情を向けて満たせば、自分へ自然に意識が向いていきます。

 

自分へ意識が向いてくると、周囲の言動などが気にならなくなっていきます。

 

周りの人を気にして監視されているような気がする…と感じている人はぜひ実践してみてください!(*^_^*)

 

スポンサーリンク

-悩み

関連記事

管理人:しろた
人間関係の悩み、自分自身の悩みなどの解決法を探っていきます。購入した物やアニメ・漫画など趣味の話題も綴ります。詳しくはこちら→ABOUT

※ご連絡はお問い合わせフォームよりお願いいたします。